ホーム > 病名・症状名のいろは > 坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛

坐骨神経痛(座骨神経痛)の症状に対応した漢方薬の効果・効能

A:最初に飲む漢方薬です(痛み・シビレなどの症状が完全になくなるまでお続けください)

痛みやシビレの期間がまだ短い方の基本処方
症状が長引いてなかなか治らない方へ

B:Aのいずれか漢方薬を飲んで、症状が完全になくなってから「仕上げ」に飲んでいただく漢方薬です。

症状が完全になくなってから「仕上げ」に飲んでいただく漢方薬です。

(1)坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛とは

坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛とは、「症状」を示す表現であり、病名ではありません。 坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛は、その名前が示すとおり坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛と言います。

(2)坐骨神経とは

神経が腰椎の隙間から出て、腰の骨(骨盤)をくぐり抜け、足に向かう神経が坐骨神経です。人体の中では、最も太くて長い神経で長さは1m以上もあります。す。坐骨神経は、お尻を通って太ももの後ろ側を通過して、膝の近くで、すねの方とふくらはぎの方との二またに別れて走行し、足の甲と足の裏さらに足先にまで続いています。

(3)坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の症状の特徴

上記を見てもわかるように、坐骨神経はとても長い神経であるため、広範囲に症状を出す可能性があり、とても重要であることがいえます。 坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の症状を感じる代表的な場所は、「お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎ」です。ただし、以上の全てに症状が出るとは限らず、どこか一部分だけに坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の症状を強く感じるケースもあります。また、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の症状を強く感じるケースもあります。

坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛とそれに伴う主な症状としては、これらが挙げられます。

  • 1.腰の痛み、臀部(お尻)の痛み
  • 2.太ももの裏、足へかけての痛み・しびれ
  • 3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
  • 4.痛みのため歩行が困難になる(長く歩けない)
  • 5.足に力が入らなくなる
  • 6.足の筋肉が左右で差が出てくる

ほとんどの場合は、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ますが、悪化すると肛門周囲へしびれが生じたり、排尿障害になることもあります。 また坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の症状は、坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の名の通り"痛み"として感じる事が多いですが坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛による症状を痛みでなく、痺れ・熱感・冷感・引きつれで感じる事があります。

(4)坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の原因

坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の原因で、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したものです。次に梨状筋(りじょうきん)症候群が挙げられます。梨状筋は股関節を足先を外に向けさせる働きがあり、仙骨(背骨のうちの骨盤の中の部分)から足の付け根の間に付いています。この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫してしまうことで坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛になります。 高齢者に比較的多いのが、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの老化による「変形」により、脊柱管が狭くなって神経を圧迫してしまうことで坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛になります。 最近増えてきているのが、椎間板(ついかんばん)ヘルニアによる坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛です。これは、腰椎の椎骨の間にある椎間板(衝撃吸収材)が限界を超えてしまい、外に飛び出してしまった状態(ヘルニア)を指します。飛び出た椎間板が、脊椎に走る神経を圧迫してしまうことで坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛になります。

(5)坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛の治療法

治療法は、大きく3種類に分類されます。

  • 1.保存療法
  • 2.手術療法
  • 3.漢方療法
1.保存療法
坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛を引起している原因疾患に関わらず、まずは症状を緩和する対症療法(保存療法)が主体です。薬物療法→理学治療→ブロック注射の順で治療を進め、それでも痛みが軽減しない場合や歩行障害、麻痺といった他の神経症状を合併する場合に手術が行われます。
薬物療法

非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服薬や坐薬が主に用いられます。比較的長期間投与される場合が多いため、胃腸障害などの副作用に注意しながら使用します。また、腰脊柱管狭窄症では、神経組織内での血流障害が原因の一つと考えられており、循環改善を目的としてプロスタグランディン(PG)製剤の内服や注射も用いられます

理学治療

温熱治療としてホットパックや極超短波などが用いられます。腰痛を合併する場合に牽引療法もよく用いられていますが、治療期間を短縮するほどの効果が有るとは言えません。しかし、リラクゼーションという立場からも疼痛を軽減させる一つの手段であると考えて良いと思います。

ブロック注射
○硬膜外(こうまくがい)ブロック

腰部硬膜外ブロックと仙骨部硬膜外ブロックがありますが、外来では手技が容易で安全性が高い為に仙骨部硬膜外ブロックがよく用いられます。薬剤が病変部に到達せず無効な場合も見られます。

○選択的神経根ブロック

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛に対しても、最も多く選択されるのが、選択的神経根ブロックです。また、注射の痛みが強いこと、神経根損傷の可能性もあるため、漫然と何度も注射をすることはあまりありません。神経根ブロックの著効例では、一度のブロックで数ヶ月以上の効果が得られ、その後再発もない症例も有りますが、無効例では局所麻酔薬の作用時間(約1時間)程度の効果しか得られません。

2.手術療法
坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛を引起している原因の疾患により、様々な手術法が選択されます。腰椎椎間板ヘルニアでは、内視鏡下でヘルニア切除術が行われます。また、近年、レーザー椎間板切除術に対する期待が高まっています。レーザー照射で椎間板内の髄核を焼き空洞を作ることにより、内圧を下げて神経への圧迫を除きます。入院の必要もなく傷も残りませんが、保険適応が無く(自費で30~50万円)すべての椎間板ヘルニアに有効というわけではありなせん。腰部脊柱管狭窄症では、神経の圧迫が複数の椎間にわたることが多く、ヘルニアのように小切開の手術やレーザーは適応になりません。また、脊椎の不安定性がある場合や、手術で広範囲に骨や靭帯を切除する場合は、金属や骨移植により脊椎を固定する手術も必要になります。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には、様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

どんなお悩みでもお気軽にお電話にてご相談ください。 Call: 055-949-2223 tel・fax055-949-2223
注文フォーム
ご相談・ご調合・アフターフォローまでの流れ
漢方薬の無料相談メールはこちらから
FAX用紙(PDF)ダウンロードはこちらからどうぞ
FAXでのご相談は左のボタンをクリックし、

このページのTOPへ

注文フォーム
お問い合わせ、相談から調合までの流れ
「痛み」でお困りの方へ
店主長澤のプロフィール
病名・症状別の漢方薬の紹介

メディア紹介

会社概要

メールマガジンバックナンバー