ホーム > 病名・症状名のいろは > 椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニア

腰椎椎間板のヘルニアの症状に対応した漢方薬の効果・効能

A:最初に飲む漢方薬です(痛み・シビレなどの症状が完全になくなるまでお続けください)

痛みやシビレの期間がまだ短い方の基本処方
症状が長引いてなかなか治らない方へ

B:Aのいずれか漢方薬を飲んで、症状が完全になくなってから「仕上げ」に飲んでいただく漢方薬です。

症状が完全になくなってから「仕上げ」に飲んでいただく漢方薬です。

(1)椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアとは

私たちの身体の中心には背骨が通っています。背骨は、24個の骨が積み木のように重なっていて、この骨と骨の間には椎間板とよばれる軟骨があり、クッションの役割をはたしています。
ところが、老化や激しい運動などで椎間板が外に飛び出し、神経を圧迫することがあります。激しい痛みやしびれを引き起こしてしまうのです。これが椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアです。

(2)椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアの症状

椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアは、頸から腰までどの場所にも発生する可能性がありますが、ほとんどは腰の部分で起こります。ヘルニアの程度によって自覚症状もさまざまですが

  • ◎腰が前に曲がりにくい
  • ◎腰や背中がひどく凝る
  • ◎腰を曲げると太股やふくらはぎにしびれるような痛みが走る
  • ◎歩行困難になる
  • ◎尿が出にくくなったり、便秘がちになる

このような症状があるようなら、椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアの可能性があります。

(3)椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアの治療法

治療法は、大きく3種類に分類されます。

1.保存療法
無症状の椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアが存在することが、広く知られています。すなわち、椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアがある人でも、全く症状のない人が存在するということです。ですから、椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアがあるということだけでは治療の対象にはなりません。症状があってじめて治療の対象となります。椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアの治療は、原則的には保存療法です。具体的には、鎮痛剤、牽引や温熱療法、さらには神経ブロック療法(神経根ブロック、硬膜外ブロック等)です。
2.手術療法
保存療法で効果が、手術が考慮されます。手術の適応は、学会内においても確立されていないのが現状です。一般的には、排尿障害が絶対手術適応とされています。さらに、筋力低下、激しい痛みを伴う場合などに手術が考慮されます。手術法はいくつかあるりますが、古くから行われていて、現在も主流となっているのがLove法という手術方法です。さらに内視鏡や顕微鏡を用いた方法もりますが、基本は椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアを摘出する方法です。 レーザー治療や経皮的椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニア摘出法がりますが、有効率が低くことと、社会保険適用除外で高額な医療費を自己負担せざるを得ななどの問題点も少なくありません。 治療は、日本では整形外科医を中心とした脊椎外科医によって行われています。脳神経外科でも行っている施設もあります。関連した学会として脊椎脊髄学会があり、近年、脊椎外科指導医の認定を行っており、ウェブサイト上で公表されていますが、自己申告による認定制度ですので、その点を加味する必要があります。
3.漢方療法
ジョージ・ワシントン大学(ワシントンDC)の研究において、たいへん興味深い調査報告がなされています。
過去に、まったく腰痛を経験したことの無い人を、MRI検査において観察したところ、60歳以下の痛みのない人の1/5にヘルニアが認められ、半数の人に椎間板の膨隆(膨らみ)が見られた。また、60歳以上では、実に1/3の人に、椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアが存在し、80%近くの人に、椎間板の膨隆が見られる。これは、坐骨神経痛や腰痛症状を訴える痛みこそないが、椎間板のヘルニア・腰椎椎間板のヘルニア・腰椎のヘルニアをもつ人が、かなりの確率で存在している事を意味しています。
また、患者様の状況を観察していますと、以下の2つの事実が存在しています。

①「ヘルニア」がある方の全員に症状が現れるかといいますと、そくなことはない。「ヘルニア」があっても症状は全くないという方が少なからずいらっしゃる(ジョージ・ワシントン大学の研究と同じ結果)。
②「ヘルニア」の程度がひどい方が症状もひどくて、その程度が軽い方が症状も軽いという、相関関係はない。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には、様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

どんなお悩みでもお気軽にお電話にてご相談ください。 Call: 055-949-2223 tel・fax055-949-2223
注文フォーム
ご相談・ご調合・アフターフォローまでの流れ
漢方薬の無料相談メールはこちらから
FAX用紙(PDF)ダウンロードはこちらからどうぞ
FAXでのご相談は左のボタンをクリックし、

このページのTOPへ

注文フォーム
お問い合わせ、相談から調合までの流れ
「痛み」でお困りの方へ
店主長澤のプロフィール
病名・症状別の漢方薬の紹介

メディア紹介

会社概要

メールマガジンバックナンバー