ホーム > 病名・症状名のいろは > 肩・腕・手指の痛み・しびれ

肩・腕・手指の痛み・しびれ

A:最初に飲む漢方薬です(痛み・シビレなどの症状が完全になくなるまでお続けください)

痛みやシビレの期間がまだ短い方の基本処方
症状が長引いてなかなか治らない方へ

B:Aのいずれか漢方薬を飲んで、症状が完全になくなってから「仕上げ」に飲んでいただく漢方薬です。

症状が完全になくなってから「仕上げ」に飲んでいただく漢方薬です。

(1)肩・腕・手指の痛み・しびれについて

◎末梢神経とは
末梢神経とは、中枢神経系以外のすべての神経のことを指します。中枢神経とは、脳と脊髄の中の神経を指します。その末梢神経障害になると、指先の違和感や痛み、正座したあとのようなしびれなどさまざまなパターンのしびれや違和感を感じます。また、糖尿病による末梢神経障害の場合にもしびれの症状が出ます。高血糖により神経がむくむようになったり、高血糖で変性した蛋白がたまったり、神経に栄養を供給する細い血管がつまって、神経が部分的に死滅するためにしびれの症状が出るといわれています。
◎右手または左手の人差し指の痛み・しびれ
右手または左手の人差し指の痛み・しびれの原因の一つに頚椎椎間板ヘルニアがあります。症状が悪化すると、両方の手に症状が出たり、手だけでなく下半身にも症状が出ることがあります。足が突っ張る、歩きにくいなどの症状へ進行することがあります。治療の基本は、消炎鎮痛剤、湿布、必要に応じてカラーななどの装具療法、けん引療法などの、保存的療法で治療します。
◎右手小指の痛み、左手小指の痛み・しびれ
右手小指の痛み・しびれや左手小指の痛み・しびれの原因には、頚椎症、頚椎ヘルニア、中部管症候群、変形性頚椎症、胸郭出口症候群などあります。
◎脳卒中後のしびれについて
麻痺のある側の片方だけの肩・腕・手指、体や顔、口の周りなどに常時感じられる場合には、中枢性のしびれと考えられます。中枢性の痛みとしびれが同時に出現する場合も多いのですが、痛みのみ、しびれのみが単独のこともあります。しびれの症状は、「ひりひり」、「ぴりぴり」「びりびり」「じんじん」などと表現されます。小さい梗塞であっても、非常に強いしびれを起こすことがあります。CTで異常なしとされてしまうこともあるのではないでしょうか。西洋医学的な治療には中枢性の痛みの場合と同様の薬が有効である場合があります。しかし、完全にしびれを止めることは難しく、半分くらいに減らすことを目標に治療を行っているのが現状です。

(2)肩・腕・手指の痛み・しびれが出現する部位

頭皮、顔、唇、舌、手、足、指先(親指・人差し指、中指、薬指、小指)、肩、肩甲骨、腕、頚部、胸、腰、臀部(お尻)、ふくらはぎ、太もも、上肢、下肢、半身など。

(3)肩・腕・手指の痛み・しびれの原因

  • ◎体のどちらか片側のみのしびれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・脳出血など脳血管障害
  • ◎手指で、起床時に増強するしびれ・痛み、手や指を動かすと和らぐ・・・手根管症候群
  • ◎薬指と小指の知覚障害・鷲手変形、手指に力が入らない・・・・・・・・肘部管症候群
  • ◎上肢で、手指や腕のしびれ・痛み、徐々に首や肩のうずくような痛み・・胸郭出口症候群
  • ◎上肢のしびれ・痛み、手指の感覚異常、歩行障害、めまい・・・・・・・頚椎症
  • ◎上肢のしびれ・痛み・麻痺、温痛覚がなくなる、歩行障害・・・・・・・脊髄空洞症
  • ◎手指・手首が伸ばしにくい、親指と人差し指の間のしびれ感・・・・・・橈骨神経麻痺
  • ◎小指と薬指半分のしびれ・肘のしびれ・・・・・・・・・・・・・・・・肘部管症候群、尺骨神経障害
  • ◎両足・両手に左右対象の同じ部分にしびれや痛み、異常な感覚・・・・・糖尿病

(4)漢方薬による肩・腕・手指の痛み・しびれの治療について

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には、様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

どんなお悩みでもお気軽にお電話にてご相談ください。 Call: 055-949-2223 tel・fax055-949-2223
注文フォーム
ご相談・ご調合・アフターフォローまでの流れ
漢方薬の無料相談メールはこちらから
FAX用紙(PDF)ダウンロードはこちらからどうぞ
FAXでのご相談は左のボタンをクリックし、

このページのTOPへ

注文フォーム
お問い合わせ、相談から調合までの流れ
「痛み」でお困りの方へ
店主長澤のプロフィール
病名・症状別の漢方薬の紹介

メディア紹介

会社概要

メールマガジンバックナンバー